認知症で上着を頻繁に脱ぎ着する場合は、着替えの時の声かけを工夫することで解決する

外出先で、暑いと言っては上着を脱ぎ、脱いだら脱いだで寒いと言ってまた上着を着る。

認知症の初期では、自分で服を選ぶこともでき、あまりチグハグな服を着ることもありませんが、温度調節に適している服かといえば、そうじゃないことも結構あります。

本人が温度調節できない洋服を選んで、暑い、寒いと脱ぎ着することは体温調節の面からいえば問題ないのですが、見ている周りがモヤモヤしてしまうことも・・・

でもそんな時、「なんでそんな服を選んだんだ!」とか、「暑くないだろ(寒くないだろ)」などと怒っても、関係が悪くなるだけです。

認知症介護の悩みの一つに、認知症の人がなぜその行動をとっているのかがわからないという悩みがあります。

一見しっかり洋服を選べているように見えるのに、脱いだり着たりするから、周りはモヤモヤしたり、イライラしてしまうのです。

 

自分で服を選べるはずなのに

外出するからと洋服を自分でタンスから出して着替えたはいいけど、ずっと暑いだの寒いだの言っている。

 

このようなことがあると、暑いや寒いにこだわって(いるように見えて)一緒の外出を楽しめない。

一度や二度ならまだしも、外出の度に同じことをしている。

 

認知症になると、一見季節にあった洋服を選んでいるように見えても、実は温度調節が難しい洋服を選んでいる可能性があります。

 

 

気温の変化に洋服を合わせられない

「ちゃんとした服を選んで」そう言いたくなる気持ちもわかりますが、そうは言っても、温度調節が難しい洋服を選んでしまう可能性が高いです。

 

私たちは冬の朝に起きれば現在は寒いし、日中も寒いことを知っているので、暖かい格好をします。

また、天気予報などを見て日中の気温の変化を予測したり、今日の予定(電車に乗るとか)から気温の変化に合わせて体温調節できるように洋服を選ぶことができます。薄手のセーターにダウンの上着を着たり、手袋やマフラーを使ったりと、快適な体感温度になるように洋服を選ぶことができます。

ところが認知症が進行すると、時間の見当識の障害により、現在の季節がわからなくなります。

 

自分の肌で感じて今が暑いか寒いかは感じますが季節がわからなければ未来の予測が立ちません。これから暖かくなるのか。それとも寒くなるのか。今日の外出に伴う気温の変化がどうなのか。

それがわからなくなるから体温調節できるように洋服を選ぶことができなくなります。

 

私たちも、気候がわからない土地に旅行する時、寒いのに薄着だったり、暑いのに厚着だったりと、洋服のチョイスを間違えることがありますよね?
そんな場合は、現地の情報を調べたり、友人がいれば友人に気候を聞けば旅行先の気候にある程度合わせることができます。

でも、認知症になると、人に聞けなかったり、聞いても忘れてしまいます。だから、温度調節ができる洋服をチョイスすることが難しくなるのです。

 

 

対応のポイント

この場合は、ちゃんと服を選んでねと言っても、選ぶのが難しいので、洋服を選ぶための情報(季節や温度変化の予測)を伝えましょう。

自分で好きな服を選ぶことはできるので、まずは着替える時に、気温の変化を伝えてみましょう。
今の季節を教えて、気温の変化を予測した洋服を選ぶ手伝いをしましょう。

 

情報を伝えても、沢山ある服から選ぶのが難しければ、二者択一にすると、選びやすくなるでしょう。

この時のポイントとして、相手の意見を無視して、介護側の意見を押し付けず、あくまでも情報を提供する、介助するというスタンスでいることです。

誰だって自分の好きな服を選ぶ時、「あーダメダメ!そっちじゃなくてこっちにしなさい」と言われて喜ぶ人はいません。反発が起こることもあるでしょう。

「今日は寒くなるから、暖かめの上着を持って行った方がいいよ」このような伝え方なら、お互いに気分良く準備できます。

 

 

必要なのは季節の情報と未来の予測

認知症になると記憶障害や見当識障害が出てきます。
それにより、季節や気温の変化に合わせて選択したり、行動することが難しくなります。

 

カレンダーを見ればわかるだろうと思うかもしれませんが、認知症が進行すると、カレンダーを見ても「カレンダーが持つ意味」がわからなくなるから季節や日時がわからなくなるのです。

 

実際、情報さえ伝えれば自分で温度管理に適した洋服を選ぶことができることも多いです。

 

 

まとめ

 

認知症の初期では、洋服を選んだり、着替えたりということはできますが、想像するとか判断するという能力が低下してきます。

だから「ちゃんとした服を選んで」と言っても、何がちゃんとした服なのか、何を持ってちゃんとした服というのかがわからなくなっています。

わからないことをやれと言っても、できるはずがありません。

 

それよりも、ちゃんとの基準をわかりやすく伝えたり、選択基準や行動に繋がるような情報を伝えた方が、能力を低下させることなく、関係を悪化させることなく、日常生活の援助を行うこともできます。

毎日、毎回は難しいかもしれません。その場合は、上着を脱ぎ着しても気にしないこと。
そして脱ぎ着しやすい羽織れる上着を一着持っていくことで、快適な体感温度を保てるようになるでしょう。

理由を知ること、適切なテクニックを知って認知症介護を楽にしましょう。

Follow me!