認知症ケア

認知症ケア 認知症ケア
認知症ケア

認知症の家族が食事を食べてくれないときに見直したほうがいいこと

認知症のお母さん、最近食事を食べない。 食卓にご飯を準備して、「ご飯だよ」と声をかけるのに、食べようとしない。 ちょっと食べたかと思うと、すぐ食べるのをやめて違うことを始める。 バランスの良い食事を食べて...
認知症ケア

認知症の人が病院受診を拒否したときの病院受診のすすめ方

最近、お父さん、財布がない、通帳がないなどしょっちゅう言って、いつも探し物をしている。   あんなにおしゃれだったのに、洋服もなんだかちぐはぐ。   物忘れもひどいし、病院に連れていこうとしたら、「...
認知症ケア

認知症の人が家のなかをうろうろして落ち着かない場合でもイライラしない方法とは?

同居している母親が、毎日、部屋を行ったり来たりして家の中をうろうろ歩き回って落ち着かない。 「何しているの?」と聞いても答えず、またうろうろする。 「用がないなら座ってなよ」そう声をかけると「うん」と返事はする...
認知症ケア

認知症の人の探し物に振り回されないためには説得より納得を目指すこと

認知症になると、自分で片付けたのを忘れ、片付けた場所がわからなくなり、「〇〇がない!」と言うことがあります。 また、人によっては、モノがない=誰かに盗られた、というようなモノとられ妄想と呼ばれる症状がでる人もいます。 ...
認知症ケア

徘徊する親の在宅介護を続けたいと思ったら、介護のテクニックより先に学ぶこと

認知症患者数は2025年には700万人になると推計され、65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。 平成28年厚労省国民基礎調査によると65歳以上の親と別居している人の割合は約6割ですが、中には親の認知症を機に同...
認知症ケア

質問がストレスを減らす?!同じ話を何度も繰り返す人への対処法

  「息子は夏休みには、よくセミを取りに行ってたよ」(それ、さっきも聞いたよ) 「駅前の中華屋でシュウマイ作ってたのよ。」(また同じ昔話が始まった) 認知症の人と話をしていると、このように同じ話を何度も聞...
認知症ケア

認知症の人が真夏でも冷房をつけない場合、「冷房をつけて」と声をかけるより、周囲の人が室温をコントロールする環境をつくることで熱中症を予防することができる

認知症初期では、一人暮らしをしていたり、日中一人で過ごすこともできます。しかし、自分で体調を管理することは難しい場合も多々あります。 夏ならば、熱中症にならないように、「冷房を入れて」とか「水分をとって」と説明しても、認知症の...
認知症ケア

要介護認定調査で要介護度が低い!とならないための準備

認定調査は、要介護度を判定するために行う調査です。 市区町村から指定された調査員が家庭を訪問して、ご本人の自立の度合いや心身の状態など認知機能や医療などの合計67項目について調査員が本人の状態を見たり、話を聞いたりして...
認知症ケア

ケアマネジャーの役割と上手な付き合い方

介護サービスを受けたいと思った時、多くの場合は ▶︎要介護認定を受けて、 ▶︎ケアマネジャーがケアプランを作成し、 ▶︎ケアプランに基づき、介護サービスを決定します。 介護サービスを利用するに...
認知症ケア

認知症の人がトイレ以外の場所で排泄をしてしまう場合、トイレの場所を明示することで、トイレで排泄できるようになる

認知症の初期では自分一人でトイレに行けていても、認知症が進行するにつれ、トイレ以外の場所で排泄をしてしまうことが増えてくるかもしれません。 日中一人で生活していて、夜家族が帰ったら、トイレ以外のところで排泄されていると、びっく...
タイトルとURLをコピーしました