認知症介護歴32年の看護師が送る認知症介護が楽になる無料PDFを今すぐ手に入れる>>

認知症予防

認知症予防 認知症予防
認知症予防

70歳からでも認知症の予防を考えることは遅くないですか?70代を過ぎてから認知症予防よりも大切なこと

若いうちは認知症は自分は大丈夫!と思っている方も非常に多いと思います。 ですが、年齢を重ねていくと、身近な人の中に認知症になってしまった人が出てきたり、認知症の疑いがある人の話を聞く機会が増えてくるのではないでしょう...
認知症予防

認知症ケアの目的とは?ケアのやり方を学ぶことが目的になっていませんか?

日本における65歳以上の認知症の人の数は約630万人(2021年)と言われています。 65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は、3640万人と、前年(3618万人)に比べ22万人増加し、過去最多となりま...
認知症予防

認知症の家族を支えるのに役立つ資格は有りますか?

認知症のセミナーや認知症に対する情報発信をしていると、よく「認知症の家族の対応はどうしたら良いですか?」と相談を頂いたり、「認知症の家族がいるのですが、何か役に立てられる資格はあるのでしょうか?」と相談されることがあります...
認知症予防

認知症と診断されてからどうするかを考えるのではなく、認知症になる前にどうするかを考えてみませんか?

祖や母など、家族に認知症の傾向があるのに、自分は認知症じゃないと思ってるから病院へは行かない。 なので認知症の診断が進まないとお悩みの家族は場合は結構いらっしゃいます。 『祖母が明らかにここ2~3年程で認知症の症状がで...
認知症予防

親に「認知症になりたくない」と思ってもらう方法

認知症に対する情報は昔よりも増えて、今では認知症予防に関する意識をお持ちの方も少しづつですが増えてきています。 そのような情報を目にしていくと、親が認知症になってしまったらどうしようと、親に認知症になりたくないと思っ...
認知症予防

認知症の関わり方がわからないならコミュニケーションの知識を詰め込む前に本人の希望を先に決めておきませんか?

認知症になった家族との関わり方がわかりません。 急に攻撃的になったり、何度ダメ!といっても同じことを繰り返したり、眠らなくなってしまったりで気が休まることがないんです。 関わり方を調べてみるとあまり否定的なこと...
認知症ケア

自分が認知症になった時のことを知ることが認知症予防につながる理由

年をとってきたから認知症の予防をした方がいいかと考えている人は少なからずいると思います。 川崎幸クリニック院長 杉山 孝博先生が提言している「認知症にならないための10か条」というものがあります。 1.脳血...
認知症予防

もし親が認知症になったらすぐに最適な対応をとることができますか?親が認知症になってしまう前に知って欲しいこと

自分は認知症になることなんてない! これは誰しもそう思うでしょう。 この記事をお読みのあなたもそうでしょうし、もしかしたらあなたの親御さんも同様に自分は大丈夫!と思っていると思います。 しかし、認知症は誰...
認知症予防

最もなりたくない病気である『認知症』になりたくない理由とは?

認知症は、がんを抑えて最もなりたくない病気と言われています。 日本は超高齢化社会でもあり、世界でも認知症に対する懸念が大きく、注目もされています。 「認知症にはなりたくない」 これは誰しも思うでしょう。 ...
認知症予防

認知症になるのが怖い人に知って欲しいことは、認知症なった時に自分がどうしたいのかを決めておくこと

「認知症になったらどうしよう」と、若い人でも『怖い』と感じている方もいるようです。 中には、今20代だけど自分が認知症になる頃には治せる薬ができているはずだから大丈夫!と考えている人もいます。 認知症は2025...
タイトルとURLをコピーしました