認知症でトイレが頻回な場合、認知症だからと諦めるのではなく、まずは病院を受診しましょう

 

認知症の介護で多い悩みに、トイレが頻回な場合の対処があります。

認知症があるとどうしても、何かあった時に認知症の症状と捉えがちです。でも、ちょっと待ってください。

認知症になると、自分の体の状態を把握したり、適切に表現することが難しくなります。

認知症の家族を持つと、認知症の人の訴えや行動のどれが重要でどれが重要じゃないのかがわからなくなることもあるでしょう。

だからと言って認知症の人の訴えや行動を全て症状だと思ってしまうと、治療可能な病気を見逃したり、病気が悪化してしまうこともあります。

 

なぜトイレが頻回になるの?

 

さっきトイレに行ったと思ったら、またトイレに行っている。

30分毎にトイレに行く、行ったばかりなのにすぐにトイレに行く。

トイレトイレと言って、1日に何度も通う。

 

「お母さん、しっかりしてよ。おしっこがわからなくなっちゃったの?」

 

このように、認知症によりトイレが頻回(頻尿)だと思うかもしれません。

 

でも実は泌尿器(腎臓、膀胱、尿管など)の病気によりトイレが頻回になることがあります。

もし、泌尿器の病気であれば、治るまで頻尿が続きますし、放置することにより、病気が悪化する可能性もあります。

 

症状が乏しい

泌尿器の病気だといっても、本人は辛いって言ってないよとか、熱はないよ。
そういう場合もあるかもしれません。

 

ですが、認知症の人は体調が悪くても、体調不良=体の病気と結びつけて考えることが難しくなっている上に、不調をうまく言葉で表現できず、態度で表現される場合があります。

例えば、小さい子が、体調悪い時にぐずったり、機嫌が悪くなったりするように。

 

また、高齢になると、病気の症状が顕著に出ない場合があります。
感染を起こしていても、熱が出ない、病気があっても、痛みが少ないこともあります。

ですから、頻尿があるけど他の症状がない(本人から体調が悪いとか、苦痛の訴えがない)場合でも、まずは病気(器質的疾患)の可能性を考えてみましょう。

 

頻尿の時に、まずすること

 

泌尿器の病気が原因で頻尿になっている場合は、治療することにより、頻尿が改善する場合があります。

ですから、頻尿があったら、認知症の症状、認知症による訴えだとは思うより先にまずは泌尿器の医師に相談してみましょう。

一般の内科や外科の医師では難しい場合もありますので、泌尿器の専門を受診するのが良いと思います。

かかりつけ医から泌尿器がある病院を紹介してもらうのもいいでしょう。

認知症の症状、認知症による訴えと考えるのはそれからでも遅くありません。

 

原因を知って対処する

認知症の症状でトイレが頻回だと思っていたけど実は泌尿器の病気だった。そんな事例も少なくありません。

特に高齢になると、筋力や栄養状態、身体機能の低下により、様々な病気にかかりやすくなります。
泌尿器の病気もそのうちの一つです。

頻尿の原因が病気であるとわかり、治療によって治る可能性があると思えば、本人も家族も安心することができるでしょう。

 

まとめ

 

認知症があると、症状や訴えの多くが認知症によるものと思いがちです。

でも、実は病気があって、症状が出ている場合もあります。

病気であれば、治療できる可能性がありますが、その可能性を見落としてしまう。
または治療せずに悪化してしまう可能性もあります。

 

ですから、何か症状がある場合、いきなり認知症の症状と考えるのではなく、まずは認知症の人の、体の病気や体調不良の有無をチェックしましょう。

 

症状の原因がわかれば、解決策がみえてきます。

 

認知症の人の訴えは曖昧で、わかりにくいと思うかもしれませんが、何か症状があった時には、まずは病気(器質的疾患)を疑ってみましょう。

 

 

セミナーや研修では、根本的な認知症の症状の原因から対応まで、アクティブラーニング形式でお伝えしております。

Follow me!