HOME


数あるサイトの中から当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。

少子高齢化社会が進んでいる今、認知症の人も増え続け、
2025年には認知症高齢者は700万人、5人に1人が認知症になるといわれています。

そんな中、
認知症になったらどうなるの?
認知症が怖い、わからない
認知症介護は難しい!
認知症の人とコミュニケーションをとるのは難しい!

このようなネガティブな声を沢山聞きます。

その理由はどれも、「認知症」について知らない、
知識が少ないからです。

認知症になるとどうなるのか、
認知症の人が求めているのは何なのか?ということに
気づけていないからです。


当協会は、認知症の人が感じている世界を知っていただき、
認知症や認知症介護に対するネガティブな気持ちを減らし、
ポジティブな気持ちで認知症や認知症介護に対応できるように
お手伝いをさせていただいております。

―――――――――――――――――――――――――――

【日本高齢者アタッチメント協会とは】
どんより介護からハッピー介護へ
認知症があっても大丈夫!認知症になっても大丈夫!
「認知症があって辛い」から「認知症があっても楽しいことがある」

認知症や認知症介護をリフレーミングする

それが当協会です。

なぜ体験型セミナーが必要なのか?

認知症の症状を学べば、
認知症の人は理解できる。

多くの人がこのように考えていませんか?

アルツハイマー型認知症の特徴は、
記憶障害である。

レビー小体型認知症は
幻視が出現する。

前頭側頭型認知症は
脱抑制が出現する。
etc…

しかしこれはあくまでも、
病気による症状にすぎません。

認知症の症状を勉強しても、
「認知症は、物忘れの病気でしょ?」
「なんでこんなこともわからないの?」
「なんでこんなこともできないの?」
「できないことと、できることがあるのはなぜ?」

このような疑問を持っている人は
大勢います。

症状を知っても、
認知症の人を理解できるわけではありません。


他覚症状(他人から見た症状、観察される症状)を学んでも
認知症の人の言動や行動が
理解できないのではないでしょうか?


どれだけ認知症の知識を学んでも、
認知症の人を理解するのは
難しかったはずです。

なぜならば、
あなたの物差しで、
あなたの目線でしか
認知症の人を見ていないからです。


でも、これはあくまでも、
自分の物差しであり
介護者の目線でしかありません。

自分の物差しで見るのをやめて、認知症の人に目を向けませんか?

なぜ、当協会のセミナーが選ばれるのか?

それは、認知症の人が体験している日常を
講義やワーク、VRでお伝えしているからです。

いくら他覚症状を学んでも、
病気により認知症の人の日常生活が
どのように変化するのかを知らないと
認知症や認知症の人を
理解することはできません。


認知症とは日常生活の障害と
認知症第一人者の長谷川和夫医師もその著書の中で
書いています。

なぜ日常生活の障害が起こるのか。

それにより、どのように認知症の人の行動が変わるのか。

そして、どのように認知症の人の日常は変化するのか。

そのようなことを当協会オリジナルの
体感・体験型講義や認知症VR体験によって
認知症の人が感じている世界を知っていただきます。

介護者側からの目線で認知症を理解しようとするから
認知症に対しネガティブな感情を持つのです。


日本高齢者アタッチメント協会では
認知症を理解するうえで最も大切な
「認知症の人が体験している視点」から
認知症や認知症介護をお伝えします。


認知症の人が体験している世界を知り、理解することで
認知症に対するネガティブな思いがなくなります。
認知症介護がわかるようになります。
認知症の人とコミュニケーションが取れるようになります。


認知症の人からの目線で世界を見る、日常を感じることが
認知症を知るうえでまずは大切なのです。

認知症に対するネガティブな感情をなくすために認知症のことを学びませんか?


認知症になったからと言って、
本人も周りも不幸になるのでしょうか?

いいえ、そうは思いません。

どの人も人生は楽しむためにあるのです。
自分の持っている能力を活かすためにあるのです。

考え方と知識、行動さえあれば
人生を楽しむことはできます。

その為の考え方と、知識を身につけませんか?

当協会が選ばれる理由

認知症や認知症介護を今までとは全く違う目線で捉え、
認知症や認知症介護を通して、
あなたの人生が幸せになる方法を教えていくことが
当協会が選ばれる最大の理由です。

セミナー受講者の感想です
認知症という言葉や状態について、なんとなくの知識を持っているものの、具体的にどのようなものということについて聞く機会というものがなかったため、ワークを通して経験したことが非常に勉強になりました。体験をしたことによりどんなものなのか、是非誰かに話したくなりました。ありがとうございます。O様 

とてもわかりやすく、時間があっという間に過ぎてしまいました。知識と考え方を少し変えるだけで認知症に対するイメージがすごく変わりました。自分の周りにいる人にもこのセミナーを聞いてもらいたいなと思いました。認知症、セミナー、と一見堅苦しいイメージがあったのですがすごく明るく楽しく学ぶことができてよかったです。ありがとうございました。北澤様  

認知症の人の症状気持ちをわかりやすく知ることができました。両親が認知症になっても大丈夫
K様
 

認知症になった時の状態や対応がよくわかりました。いつ自分や周りの人が認知症になるかわかりませんが、不安がだいぶなくなりました。色々なワークを通して体験もでき、学びの多い会でした。
百合野様
 

認知症は誰でもなるのかも。介護する人もそして受ける人も、両者穏やかに笑っていたいです。皆がHappyになれますね。大切な人との関係性をより良くするための素晴らしい方法を、知ることができました。もっともっと深めていきたいです。T様  

受講前はどのような内容になるのか、自分が参加して良いものなのか不安もありましたが、参加して本当に良かったと思いました。自分だけでは想像にも限界があるので 、VR などを通して体験することで、より理解を深めることが出来ました。ありがとうございました。Y様 

内容は認知症サポーターを受けた時と全く違い、正しく目からウロコでした。まだ未婚なのでどうなるのか先はわかりませんが、今は親が老後を楽しく過ごしていけるか、良い施設に入れれば全て良しとは思っていません。これからもこのようなセミナーを続けて行って下さい。認知症になってから、親に感謝の言葉も伝えられずに私のことを忘れたら、人生最大の後悔となりそうなので今は親が喜ぶものことたくさんしています。正しい認知症を伝えていって下さい。宇津木様 

本日は素晴らしい気づきのあるセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。初めは認知症になったら生きている喜びがあるのだろうか、家族はストレスいっぱいで家族の病気になってしまうのではないか、と恐れていました。でも病になる意味ってやっぱりあるもので、今まで必死に頑張ってきた人生をリセットし、新しい世界観新しいコミュニケーションを学ぶための病なのかなあ、と思いました。もし身近な人が認知症になったら改めてチャンスが頂けたと思い、接していければ幸いです。楠様 

本当に「目からウロコ」でした。自分の性格として何でも「〇〇だ」と決めてしまう傾向があるので、色々なものさし見方ができた方が、お互い楽になるなーと思いました。楽しいセミナーでした。ありがとうございました。A様 

認知症というものが全く知らない状態で参加しました。これは病気なのだ、誰にでもなり得るものなのだ、ということがわかりました。「名前がなくなる」ということがどんなことなのか、ワークを通して認知症の方の気持ちを少しでも理解することができ、有意義でした。社会全体が認知症についての基礎知識を共有するだけで、世の中がもっと暮らしやすくなるのでは、と感じました。本日は貴重なセミナーをありがとうございました。大室様 

ニュース&メディア掲載

お祝い

2019年12月17日

都立松沢病院名誉院長・日本老年精神医学会理事・日本司法精神医学会理事
斎藤正彦医師から「目からウロコの認知症セミナー」のご推薦を頂きました

家族で支える認知症ケア

電子書籍を出版しました。

「家族で支える認知症ケア 3つの救急箱」~基礎知識編~

ご購入はこちらから。250円です

家族で支える認知症ケア

新聞掲載

2019年9月16日号 新日本保険新聞に、寄稿記事が掲載されました

「人生100年時代における介護・認知症に備えるには?」

高齢者住宅新聞

2019年5月1日号 高齢者住宅新聞から取材を受けました 

「セミナーにVR活用」

日総研雑誌

2019年3月10日号日総研 認知症ケアに寄稿記事が掲載されました

[特集2]BPSD対応事例集
暴力・暴言を予防するアプローチ

映像情報雑誌

2019年3月1日号 映像情報Medicalに掲載されました

展示会レポート「認知症疑似体験VR」

掲載記事

2018年11月12日 YomiDr.コラムから取材を受けました
読売新聞の医療・健康・介護サイト
YomiDr.コラム『バーチャルリアリティーで体験!
「認知症の人の世界」ってどんなところ?』

朝日新聞

2018年9月18日朝日新聞埼玉版に掲載されました

「当事者の視点 VRで体験」

取材記事

2017年4月20日 介護・福祉の応援サイト「ケアサポ」に掲載されました

「第84回 看護師から介護施設運営、講座開設へ」

第36回:介護はクリエティブな仕事〜林もえこさん とウランのNLP日和

■ラジオ出演
NLP 浦登記氏との対談
「認知症の人とのコミュニケーション」

 

 

セミナー・講座風景

「VRを視聴してみて、これが認知症の体験なんだなというのがよくわかりました」/目からウロコの認知症VR体験研修
「具体的な事例の説明やVRで、楽しく学ぶことができた」/目からウロコの認知症VR体験研修
「認知症VRも体験することで、自分の経験になり、学びになりました」/目からウロコの認知症VR研修
「VR体験により、患者さんの体験している世界を感じることができた」認知症VR体験研修
認知症の仕組みが理解できた→楽な気持ちで接することができる/目からウロコの認知症セミナー

認知症ケアお役立ちブログ

認知症の人が真夏でも冷房をつけない場合、「冷房をつけて」と声をかけるより、周囲の人が室温をコントロールする環境をつくることで熱中症を予防することができる
要介護認定調査で要介護度が低い!とならないための準備
ケアマネジャーの役割と上手な付き合い方
認知症の人がトイレ以外の場所で排泄をしてしまう場合、トイレの場所を明示することで、トイレで排泄できるようになる
認知症の人が食事を食べない場合、調理方法を工夫することで食べられるようになる

 

お気軽にお問い合わせください

     

    動画で学ぶYouTubeチャンネル

     

    認知症対応力テストやってます

    友だち追加

    無料プレゼント

    介護とお金の秘密講座

    タイトルとURLをコピーしました