認知症の「?」がわかる。認知症の「?」を理解し、介護をもっと楽にする。
認知症を知るための第一歩のセミナーです。

「どうしてズボンを履けないの?」
「なんで昔のことばかり繰り返すの?」

 

認知症の○○さんと接していると
こんな疑問が出てくるかもしれません。

 

○○さんの頭の中がわかったら・・・
なんでその行動をとるのか理由がわかったら・・・
もっと寄り添えるのに!
もっとお互いが楽になるのに!

 

そう思う方もいるでしょう。

 

今までだって、本やWeb
セミナーで勉強してきた。

それなのに認知症介護が
いまいちよくわからないのは
私が悪いのかしら?

 

いいえ、違うのです。学びの方法が悪いのです。

 

実は認知症介護も
学び方、学ぶ順序があるのです。

 

「え?そんなの初めて聞いた」

そう思われるかもしれません。

 

じゃあ例えば、数学の因数分解を
思い出してください。

 

数学の因数分解は
まず足し算、引き算を学んで
理解していないと
できません。

 

それと同じで、認知症介護を学ぶのにも
ステップがあるのです。

 

ではちょっと質問です。

あなたは、何のために
認知症介護を学ぼうと思っていますか?

 

 

認知症のお父さんや、お母さんに
寄り添うため?

仕事として、よりよい介護を
提供するため?

背景は違えども、目的は
「認知症の○○さんを理解するため」
ではないでしょうか。

 

でも、本や、Web、セミナーで学んでも
実際には
■当てはまらない症状がある
■相手によって反応がちがう
■症状なのか、個性なのかわからない
このようなことで悩んだり。

「経験が少ないから難しい(涙)」
そう思ってみたり。

 

そう思うかもしれませんが
実は違うのです。

なぜなら、子供の私は
大人より上手に介護をしていたから。

 

「もえこ、お願い」
そういわれて、なんどおばあさんの
世話をしたか。

 

「だってもえちゃんが世話をすると
喜ぶんだもん」

人生の経験も、介護の経験もない
子供なのに・・・

 

 

私は小さいころから
認知症の人に関わり
認知症介護に携わり
試行錯誤してきました。

 

大人になったら、
研修や相談という形で
周りの人に
伝えてきました。

 

そんな経験をしたからこそわかる
認知症の○○さんを理解して
よりよい介護を提供するための
学びのステップ

 

*このステップこそが認知症介護を楽にするコツだったのです。

 

簡単にいうと
①認知症を理解する
②認知症介護を理解する
③認知症介護のテクニックを身に着ける

 

一見、遠回りのようですが
「認知症」と「認知症介護」は
わけて学んだ方が
より深く効率的に学べるのです。

そこがごっちゃに
なっていると、せっかくの
学びが活かされない。

 

じゃあ、私は認知症のことを理解しているから大丈夫。
そう思われる方は、認知症介護もお手のものでしょう。

 

〇〇さんを理解するためにはまず、
認知症を正しく理解すること。

 

それは一般的な「赤ちゃん」って
どんな生き物なのか知らないと
お世話できないのと同じです。

 

赤ちゃんは「なんでも口にいれてしまう」

 

これを知っているから、
床や手の届くところに
小さいブロックやタバコを
置かない。

そうですよね?

 

 

このセミナーは

介護したことのない人でも
認知症のことがわかる。

認知症になるとどんな状態になるのかが
想像できる。

介護について自ずと考えることが
できるようになる。

 

 

介護をしたことのある人は

こんな教え方あったんだ!
こんなやり方あったんだ!

認知症のことがさらによくわかる。
人に教えたくなる。

 

「認知症のことをもうちょっと理解したい!」
「認知症介護ってよくわからないかも?」
そう思っているあなたへ

 

認知症の○○さんを理解するための
第一歩

『目からウロコの認知症講座』を受けてみませんか?

 

 

このセミナーは、目からウロコの認知症セミナー認定講師が行ないます。

認定講師によるセミナー日程はこちらから

 

また、セミナーや研修の依頼も承っております。
お問い合わせページからお問い合わせください。

参加者の声

何回聞いても腑に落ちます。シェアする相手によっても気づきが違うので、場所を変えての受講も良いです。(松山様)

 

認知症介護の基本はコミュニケーションと理解することで、父との関係が変わりました。コミュニケーションのコツを知り、介護にかかる労力、時間が減りました。(K様)

 

認知症の人の症状、気持ちをわかりやすく知ることができました。両親が認知症になっても大丈夫!(K様)

 

大変わかりやすく、楽しい時間が過ごせました。体感することは大事ですね。記憶の壺がどこにいるのかわかると、こんなにも考えが浮かぶものなのかと感じました。相手に寄り添えるように少し近づけるかも。他の方々とワークを通して意見を伺え、参考にしてみたいです。認知症の方々は不安な思いを抱えていることがわかりやすかったです。義母ともうまく付き合えそうです。一番悩んでいる主人にも伝えたいです。(S様)

 

2時間半という限られた時間でしたが、大変わかりやすく認知症を理解することができました。認知症に対するイメージがだいふ変わりました。(Y様)

 

今日のセミナーはとても良かったです。大変勉強になりました。戸惑いながらの介護で正論をぶつけていましたが、相手のことを理解することが大事で、これからは「そうだね」と認めていきたいです。怒らない笑顔の介護頑張りたいです。(T様)

他多数喜びの声をいただいております。