「家族で支える認知症ケア3つの救急箱」Kindle出版

日本高齢者アタッチメント協会代表林炎子は、
メルマガをまとめた本を読みたいという
ご要望もあり、
いつか、メルマガをまとめた
本を出したいと思っていました。

そんな思いの詰まった本を
今回出すことになりました。

https://amzn.to/2KGRz9a

2014年に初めて、
ブログというものを発信して、
無料PDFや、メルマガ・ブログ等で
私が思う認知症や認知症介護を
表現してきました。

時折、
「これって誰かの役に立っているの?」とか
「別に欲しい人いないんじゃないの?」
そんな気持ちを持ったりもしましたが。

でも、講座にきてくれる人とか、
メッセージとかで
「楽になりました」
「役に立ってます」
そんな言葉をいただいて、
言葉で表せないほど嬉しかったことも。

そんな中、
「昔のを読みたい」
「カテゴリーごとに読みたい」
「好きなところをパッと読みたい」
そんなことを言われ、
Kindle本を作ったのです。

文章について学んだ今は
昔の拙い文章が結構恥ずかしいですが
それもまた良し、
こんな文章でも出せるのだから
私にも出せるよねって思ってもらえるかもって
思って出すことにしました。

昔のブログを見ればいい、
メルマガのバックナンバーを
出せばいい、
そんなご意見もあるかも知れませんが、
それだと、一部の人しか見れない。

私が夢みている世界は
「認知症があって辛い」
から
「認知症があっても楽しいことがある」
そんな世界。

少しでも多くの必要としている人に
届けばいいなと思っています。