目からウロコの認知症VRセミナーお問い合わせ

この度はお問い合わせいただきありがとうございます。

お問い合せだけでも構いませんので、現時点で決まっている項目を記入のうえ、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ内容のご記入

下記項目をご記入頂き、送信ボタンを押してください。

このページ最後のQ&Aまで必ず目を通して頂くよう、よろしくお願いします。

よくある質問が掲載されています。

講座依頼の理由をメッセージに記入して頂けるとうれしいです。

(※)は必須項目です。

    会社名(法人様の場合)

    部署名

    ふりがな(※)

    住所(※)
    郵便番号
    都道府県
    市区町村

    電話番号(※)

    研修等の対象人数

    講座希望日(※)
    第1希望日

    第2希望日

    講座ご希望時間

    ご予算(※)

    このサイトを知った経緯(※)

    その他の場合はこちらに経緯をご記入ください


    プライバシーポリシーはこちらから

    ご依頼・お問合せを頂きましたら、24時間以内に自動返信メールが届きます。その後1週間以内に返答致します。履歴を残すため、メールでのやりとりをお願いいたします。日程やご予算を調整後、講座を確定させて頂きます。

    自動返信メールが届かない場合、ご依頼者様のメールアドレスの記述の間違いか、当方からの返信メールが迷惑メールフォルダに入っていることもあります。

    ※ info@ninchishoucare.jpからのメールを受け取れるようメールの設定をお願いいたします。

    目からウロコの認知症VRセミナーを受講したケアマネジャーの声

    「名前がなくなり、概念がなくなると行動できなくなる」
    ということを、VRを通して体感できた。
    「相手が理解できない言葉を使っているかもしれない」と
    支援者が意識して対応することが必要だと
    再確認できました。
    I様

    楽しく、メリハリがあって、頭だけでわかっていたことが
    しっかり納得できた
    F様

    認サポのメイトをやったり、実際に認知症の方とも接していましたが、
    違う気持ちで取り組めそうです。
    ワークもあったので、よく理解できました。
    M様

    今まで参加したり学んできた内容とは別の視点での研修だったので
    面白かったし、ためになりました。
    認知症の方がどのように生活を送っていらっしゃるか、
    どのような気持ちで生活されているのかということが
    具体的にわかりました。
    N様

    VR体験で認知症の人の気持ちが理解できた。
    『認知症』と一言で片づけてしまいがちですが、
    当事者は日々、辛い思いをしているんだと
    改めて感じました。

    なかなか体験できないVRが体験できた。
    体験したことについて、話し合い、考察できて
    満足です。
    名前、概念がなくなるということの体験。
    質問に対してどう答えたらいいのかわからない。
    意味が理解できないということが、
    そのまま認知症の体験となったので、参考になりました。
    あまりできない体験ができました。
    実際に体験し感じることは大切です。
    A様

    VRを体験したり、各内容によって
    自分なりの言葉が学びを深めた。
    寄り添う介護が心身からスタートすることも
    実感できた。
    T様

    他多数喜びの声をいただいております。

    講座に関してのQ&A

    Q1.講座料金以外にお金はかかりますか?

    講座料金の他に交通費、宿泊費、機材運搬費が必要な場合があります。

    *交通費、宿泊費について
    当協会は東京に拠点を置いております。東京からの交通費をいただいております。また遠方の場合、天候や運行トラブルを考慮して、開催日の前日入りをさせていただいております。

    *機材運搬費について
    認知症VR講座をご希望の場合、VR機器の運搬費がかかります。宅急便の実費になります。

    Q2.新幹線や飛行機、ホテルの手配はどうすればいいですか?

    当方で手配しますが、主催者様側で手配して頂いても構いません。早い時期からご依頼いただくと、早割などを利用して手配しております。

    Q3. 講師との事前打ち合わせは可能ですか?

    事前打ち合わせは可能です。メールでのやりとり(履歴を残したいので)をお願いしております。

    Q4.講座の時間を短くできますか?

    講座の時間を短くすることは可能ですが、VRだけの講座は承っておりません。

    なぜなら、認知症のことを理解していただくには、講演(説明やワーク)が不可欠だからです。

    また、講座の時間が短いからといって、料金が安くなるというわけではございません。

    講座の内容を変更するためには、それだけの時間と労力がかかるためです。ご了承ください。

    タイトルとURLをコピーしました