超高齢化社会に向けて対策をしたい。認知症の啓蒙活動を通して社会貢献がしたい。
認知症の知識や認知症の人の気持ちを知りたいけど具体的にどうすればいいのかわからない。

厚労省の推計によると、2025年には認知症高齢者数は700万人、5人に1人が認知症になるといわれています。

実際、認知症セミナーを開催すると、「家族や知り合いが認知症で…」という方は年々増えてきています。また、認知症に関する様々な悩みも寄せられます。

認知症介護を楽にするために大切なのは、認知症という状態を理解した上で、適切なコミュニケーションをとることですが、認知症という状態が理解されていないが故に、誤った対応になり認知症の人や介護者が混乱してしまうことを沢山みてきました。そこで、適切なコミュニケーションが取れるようになるための方法を体系化したものが、認知症ファミリーケア®︎です。

認知症ファミリーケアは認知症対応や介護が楽になるためのコミュニケーション方法です。

その手段の一つとしてVR(ブイアール、バーチャルリアリティ)を使用したセミナー(認知症疑似体験VRセミナー)を提供しています。

この認知症疑似体験VRセミナーは、「認知症の人が見ているであろう世界」「認知症の人が感じているであろう世界」をVRで体験していただき、認知症への誤解や偏見を無くし、認知症についての啓蒙活動につなげるものです。

地域社会への貢献、認知症の啓蒙活動、顧客へのサービス提供の手段としてセミナー開催をご検討いただけましたら幸いです。

日本高齢者アタッチメント協会
代表 林炎子

 

 

体験者の声

●VRや図や写真を入れながらわかりやすく説明してくれるので、文字だけや言葉だけで聞くよりも断然わかりやすくて体感できると思った。

●360度の視界や音声などリアルに感じられて良かった。認知症は「ぼんやり」が進むものと思っていたが、記憶のツボの壊れたところ(20歳とか)では自分はハッキリしているんだなと。混乱すると思った。

●認知症のケアに携わっている方のほとんどは悩み、想像していて、さらにそれに疲れてしまい結果仕事をやめてしまう人もいると思う(自分の周りにもいた)その人たちが今回の講師の話を聞く機会に恵まれていれば、今も続けていたと思うと残念。もっともっと多くの人達に聞かせたいと思った。

認知症の方の気持ちがわかった。介護者が怒っても、本人には「なぜ怒られているのかわからない」から怒っても仕方ない。怒ることは悪影響でしかないと思った。「思い出して」とか「考えればわかる」という言葉に意味がないことを学んだ。

●介護する側の物言いは大事だなと思った。普通に言っているつもりでもキツイ言い方に聞こえたり、わからないのにガンガン言われるのは辛いこと。一つひとつの言葉を丁寧にしたい。

●介護している側がイライラしている口調だと、相手もイライラする口調になることを再認識した。

●介護する側は正しいことを言うかどうかよりも歩み寄ろうとする態度が伝えられるかどうかが大切かもしれないと感じた。母と同居しているが、時々花子(VRの登場人物)になってしまっているかも…と感じた。仕事中ももしかしたら花子になっているかも・・・?お互いに笑顔になれるような接し方ができればと改めて思った。

●話を聞くだけではわからなかったことがVRでわかった。「認知症が怖い」という気持ちが「楽しむ」に変わった。ありがとうございました。

●VRが入ることで、言葉で説明された時より、より一層自分の中で理解できた。
また、認知症の人の立場に立てたので、こちらからの言葉かけの仕方がこれから変わると思う。

●『楽しく認知症を理解すること』を周りの人にも教えたい、と思います。今までは「理解したつもり」になる講座や勉強会だったため、実際の現場で寄り添いきれてなかったと実感しました。

●日ごろ介護者側の立場でものを考えすぎていたが、相手を目の前にした時に一緒に時空の旅に行き、笑顔をふやせたらと思います。名前がない、行為ができないなど現場で見てきたシーンがすごくわかり、こんな対応ができたかもと回想できました。

他多数、喜びの声をいただいています。
ご希望の方には受講者の声をお送りいたします。
お問い合わせページよりお申込み下さい。

 

認知症VRセミナー開催について

認知症の基本的な理解とコミュニケーションの基本となるものをお伝えいたします。

【概要】
講師
:林炎子
時間:2.5~3時間(認知症セミナーを含むため)
定員:最大20名(VR機材は人数分ご用意いたします)
金額:ご相談ください
講座料金の他、別途交通費、(機材運搬費等)がかかります
開催場所:ご指定の場所
準備いただくもの:プロジェクター、スクリーン、ホワイトボード、参加者の机と椅子
(基本4名の島形式でお願いいたします)

【プログラム】
1.はじめに
・目的の共有等
2.認知症や認知症ケアを学ぶステップ
・認知症を理解するための段階について
3.認知症という‶状態“を理解
・認知と認識
・認知症とは
VRを使って
【認知症の人の立場から見た日常生活】をより身近に感じていただきます。
認知症の人の感情や感情の変化を感じていただくことで、認知症対応に生かしていただきます。 
4.認知症の人との適切なコミュニケーションのコツ
5.まとめ